検索窓
今日:5 hit、昨日:125 hit、合計:37,090 hit
「あぁ、わかってくれ。
これはお前の為なんだ。」


『や、めて……お願いしますっ』





規則的に響く、肌と肌のぶつかる音が嫌いだった。




それはいっつも私のことを傷つける音だから。






「愛してるんだ、お前を。」



「アイツは……あ、悪魔だ!!」



______________________


東リべ新作です!!


〇宣伝

トドロキツインズ

実らない恋

天然な灰谷の姉




当社比ゲロ甘い柴はこちらです!!

聖夜にやさしいキスをして【柴大寿】執筆状態:完結

















































おもしろ度の評価
  • Currently 9.90/10

点数: 9.9/10 (72 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
187人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:HAL | 作成日時:2023年11月15日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。