検索窓
今日:8 hit、昨日:42 hit、合計:6,594 hit

シリーズ最初から読む | 作品のシリーズ [更新停止]

引き留めようとする、彼らの手を振り解き



決して振り返る事なく、今日まで剣を握り続けてきた。



「……」



歩みを止め、振り返ったその先に



後悔など微塵もなく、私の生き方はこれで良かったと



心からそう思えるのだから、踏み止まる必要は何もないというのに














「___アンタ、何でこんな所まで来るんですか。」



男はいつだって、私の邪魔をしに来ては



「まだ返事…貰ってねェからなァ」



振り解いた筈のその手で、ふたたび私の腕を掴む。















「(返事…ね、)」



そんなの…わざわざ聞かなくても、分かるというのに



こんな所まで足を運び、死期の近い人間にそんな言葉を掛けるアンタも



「いいですよ」



「死ぬまで側に居て…愛して下さいよ。」



その思いを汲み、仮初の答えを出す自分自身も



何もかもが悪い夢のように思えて



「あァ…生涯テメェだけを愛してやらァ___」



この現実が一夜の夢である事を、ただただ願う。



ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ



















***

毎週水曜、土曜更新予定。執筆状態:更新停止中

シリーズの最初から読む


















































おもしろ度の評価
  • Currently 9.95/10

点数: 9.9/10 (19 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
99人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2023年11月1日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。