検索窓
今日:19 hit、昨日:53 hit、合計:26,365 hit

シリーズ最初から読む | 作品のシリーズ [連載中]








あの日、あの時、キミに出会った。


この出逢いを「運命の赤い糸」なんて呼ぶには

あまりに彩が多すぎて。


名前をつけない関係のまま、揺蕩っていられたら。


そう思うのは、ワガママなのかな。



これは、まるで舞台のワンシーンみたいな

僕らの群像劇













【Aッttention!!】

・関西に土地勘がないため、舞台は架空の大学及び土地となります。

・言語に関しても同様に違和感を残すと思われます。寛容に観ていただけると幸いです。

・各話は短編ではありますが続き物として読んでいただけると分かりやすいと思われます。

・ハーレム物ではなくそれぞれヒロインがいます。クロスオーバーする前提ですので申し訳ございませんが苗字は固定とさせていただきます。ヒロインはそれぞれ苗字からついたあだ名で呼ばれることが多いです。(例「結城」→「ユキさん」など)

・〇…恋愛、◆…青春、★…公演中、▼…時間軸が遡るもの
 を示すロゴです。

・タイトルに「恋する」などといれておきながらいよいよ恋が絡まりあっております。そろそろ青春が恋しくなる頃ではないでしょうか。



長々と説明にお付き合いくださり有難うございました。


それでは開演いたします。執筆状態:続編あり(連載中)

シリーズの最初から読む





















































おもしろ度の評価
  • Currently 9.99/10

点数: 10.0/10 (87 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
240人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:マリア | 作成日時:2023年12月1日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。