検索窓
今日:4 hit、昨日:61 hit、合計:20,571 hit

シリーズ最初から読む | 作品のシリーズ [連載中]






紫色の短髪に、緑色の細い目、冷め切った表情…

男に間違えても仕方のない容姿を持つ、
ミステリアスな雰囲気を纏ったその女…

それは、アイツの妹だった。




そして_____









「_____(名前)様を、助けて頂きたいのです」









次の依頼人は、ソイツの使用人。









「お前が私を護ると言うなら、
私もお前を護る事にしよう」









これは、妹がまだ子供だった頃の話。









______________________________________________




こんばんは。結祈華と申します。


更新ストップせず、無事に
続編へ移行させる事が出来ました。

ありがとうございます…!


これからもお付き合い頂けますよう、
お願い致します。




*長編作品
*誤字脱字の可能性アリ
*キャラ崩壊
*捏造多くあります
*文章力皆無執筆状態:続編あり(連載中)

シリーズの最初から読む





















































おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (49 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
125人がお気に入り
設定タグ:銀魂 , 坂田銀時
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:結祈華 | 作成日時:2022年7月25日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。