占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:5 hit、合計:10,772 hit

シリーズ最初から読む | 作品のシリーズ [連載中]

白い世界。

まるで何も描かれていないキャンバスのような白に、1枚の茶色の扉があった。

現物じゃない、描かれた扉だ。

だが、くすんだ金色のドアノブの手触りは本物のそれだ。

ゆっくりと、握りを捻って開けてみる。


「……あ。お客さんだあー!」


どこかの学校の図書室。

にも関わらず、1人の少年がスケッチブックにデッサンしていた手を止めた。

イスから立ち上がってひょこひょこと鈴の髪飾りを揺らしながら近寄る。


「よーこそ!ここはおれの場所だよお。……え?学校に住んでるのはおかしいってえ?住んでないよお。おれはここにいるだけだもん。……そんな顔しないでよおー。まあ、座って座ってえ」


イスのひとつをぽんぽんと叩く様子に、せっかくなので腰掛ける。

少年はこっちに寄ってきた調子でひょこひょこと反対のイスに座る。


「せっかく来てくれたんだし何か話すよ。うーん……なーにがイイかなあ〜……?あっ、そーだあ!」

少年は鉛筆を器用に回してた手を止め、思い思いにスケッチブックへ何かを描き始めた。

サラサラと鉛筆を走らせると、中性的な顔立ちの少女の絵が向けられる。


「今は、北海道なんだっけ」


……少年の顔は、やけに嬉しそうだった。執筆状態:続編あり(連載中)




















































おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (16 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
27人がお気に入り
設定キーワード:イナズマイレブン , アニメ沿い   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

雷雨(プロフ) - マミーさん» おはようございます〜。良いですよー (1月23日 7時) (レス) id: b56424d09c (このIDを非表示/違反報告)
マミー(プロフ) - 雷雨さん» 名前変わりました・・・ボートに書いて大丈夫ですか?? (1月23日 7時) (レス) id: 7b57897ee4 (このIDを非表示/違反報告)
ハナ(プロフ) - 雷雨さん» ありがとうございます……… (1月8日 16時) (レス) id: 7b57897ee4 (このIDを非表示/違反報告)
雷雨(プロフ) - ハナさん» あ、どうぞどうぞ (1月8日 16時) (レス) id: b56424d09c (このIDを非表示/違反報告)
ハナ(プロフ) - 雷雨さん» ここではなんですので、ボードに書いていいですか……? (1月8日 15時) (レス) id: 7b57897ee4 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:アッシュ | 作者ホームページ:http:/  
作成日時:2015年12月31日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。