検索窓
今日:28 hit、昨日:181 hit、合計:128,399 hit
弓道を祖父である師匠に教わり始めたのは小学校3年生の時










それから桐先中学弓道部に入部して、友人ができた










いつも家の道場で祖父と2人で弓を引いていたから同年代とした事がなく不思議な感覚だったのを今でも思い出す










小学生のときから培った経験もあり、中学1年生の時から大会に団体・個人ともに出場し良成績を残した










その頃から私を【貴婦人】と周囲の人は呼び始めた










高校はとある先生からの連絡があり桐先には行かず、風舞高校を選択した










もうあの人は近くにいなくてすぐに逢えないけど、彼に愛されているのが伝わるから寂しくない










これは貴婦人と呼ばれる少女と新しい仲間が創り出す青春物語__









_____

・アニメ沿い
・オリジナル
・苗字固定執筆状態:完結

設定を行う場合はこちらをクリック



















































test

おもしろ度の評価
  • Currently 9.96/10

点数: 10.0/10 (96 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
309人がお気に入り
設定タグ:ツルネ , 二階堂永亮 , アニメ沿い   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2023年1月24日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。