検索窓
今日:1 hit、昨日:16 hit、合計:6,150 hit
____________






あの日見えないナニカに囚われて自由を失くした私の手足

兄さんは今迄見たことも無いような顔で、声で 私の名を叫び手を伸ばした












"その手が届かない"と私もわかっていた










「ごめん、にいさん………………」







その手を取れなくて、苦痛に叫ぶ兄さんに私も手を伸ばしたが交わることなくいつもそこで目が覚める


ああ、あの時本当に手を伸ばせていたら………………今も、兄さんの傍で笑っていられたのだろうか、、、少し寂しいよ、兄さん執筆状態:連載中











おもしろ度の評価
  • Currently 9.88/10

点数: 9.9/10 (25 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
69人がお気に入り
設定タグ:銀魂 , 呪術廻戦 , 原作、アニメ沿い   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:瑳狗爾ーさくじー | 作者ホームページ:http  
作成日時:2024年1月16日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。