検索窓
今日:3 hit、昨日:17 hit、合計:276,209 hit

作品のシリーズ一覧 [完結]

その一、遠征などの遠出の時は誰でもいいから手を繋ぐべし。


「うぉぉぉいアイツどこ行った!?」

「え、あれっ!?さっきまでここに…!」

「バカヤロー!!一瞬でも目ェ離すと光の如く消えるから手ェ繋げって言っただろーが!!」

「そういえば、『可愛いリュック…』とか呟いていました!」

「「「可愛いリュック背負ってる人居ませんかぁぁぁ!!!」」」



その二、料理は絶対にさせぬべし。


「お、おい…聞きたくねェがそりゃ何だ…」

「卵焼き」

「俺には炭に見えるが」

「まぁ待って下さい黒尾さん。料理は見た目じゃなく味っていうでしょう((パクッ…バターーーン…」

「山本さぁぁぁん!!!」

「バカヤロー、味が最悪だって何回言ったら分かる」

「山本も学ばねぇな」


その三、体重の話はタブーである。


「おいそれ何杯めだ」

「さん」

「相変わらずの食べっぷり」

「あーー!!先輩またそんな食べてーー!この前あと一歩で60圓澄爾辰徳いでたじゃ((ドスッおぶぅっ!!」

「リエーフ…馬鹿め」



こんな感じで、うちのマネージャーにはトリセツというものが存在し、数え切れないルールがあるのです。



Kyaaaaです☆
詳しいことは本編でどぞ!執筆状態:続編あり(完結)




















































おもしろ度の評価
  • Currently 9.92/10

点数: 9.9/10 (86 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
238人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Kyaaaa | 作成日時:2019年2月17日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。