検索窓
今日:4 hit、昨日:5 hit、合計:8,935 hit

シリーズ最初から読む | 作品のシリーズ [更新停止]

『リーマスはどうして、毎月いなくなるの?』


幼い頃、私はこんなことを聞いてしまった。


今はその出来事に対する後悔さえある。


しかし、彼は優しい目で

温もりのある大きい手で

私の頭をそっと撫でてくれた。


数日後、一人で満月を見上げていると
苦しくて悲しい遠吠えが聞こえたことを
今でも鮮明に覚えている。

そして、私は悟った。

私の大切な人は苦しんでいるのだと。

______

こんにちは。

リーマス・ルーピン推しの作者です。

原作沿いです。

完全に自己満なので、優しい目で見守って下さい…。


※勉強などもあるので更新が遅くなるかもです…。


2022/3/28 一部修正しました。執筆状態:続編あり(更新停止)

シリーズの最初から読む































おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (20 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
61人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:作者 | 作成日時:2022年3月14日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。