占いツクール
検索窓
今日:145 hit、昨日:101 hit、合計:32,795 hit
日「…ここ、何処だ?山の中?てか、なんで山に…」

影「俺達はいつもどうりに練習しててそしたら急に眠気に襲われて…」

月「…僕達だけしか居ないの?キャプテンは?」

山「俺達、1年生だけだね…」

谷「ね、ねぇ…私達の方に何か来てない?」

日「本当だ…何かこっちに来るぞ?」

日向達に向かってくるのは…

2体の鬼だった。

山「ば、化け物!?」

日「ひぃ!に、逃げようぜ!?」

影・月「当たり前だろ!?/でしょ!?」

日向・影山・月島・山口・谷地は鬼に逃げる為、全力で走った。
だが、2体の鬼は物凄く素早く直ぐに日向達に追いつき、襲おうとした。

「(あ、終わったかもしんない…)」
と1年生達は思った。

その瞬間

ズバッ!

2体の鬼の頸が切られ、消えた。

谷「え…?」

?「大丈夫ですか?見かけない服装ですね、何処から来たのですか?」

一人の女性が薙刀を持って立っていた。

?「ここは鬼が多く出没する場所…放っておきませんので、私の屋敷に案内します…着いてきてください。」

烏野の1年生達は危ない世界に来てしまったようです。執筆状態:更新停止中











































おもしろ度の評価
  • Currently 9.45/10

点数: 9.5/10 (33 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
61人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

抹茶猫(プロフ) - ちかぱさん» あ、本当ですねΣ( ´・ω・`)ご指摘ありがとうございます!修正してきます! (11月4日 20時) (レス) id: 94060232ff (このIDを非表示/違反報告)
ちかぱ - お話をよく見たら、3話がありませんでしたよ? (11月4日 20時) (レス) id: cdb9a35a2d (このIDを非表示/違反報告)
にゃんこ% - 柱の会話のやつ、誰のものか、書いた方が良いですよ。 (10月24日 13時) (レス) id: 3b3f8b472f (このIDを非表示/違反報告)
- 抹茶猫さん» 分かりました!宜しくお願いします!メモしたらリクエスト内容は消して下さると幸いです! (10月21日 22時) (レス) id: 6db130de36 (このIDを非表示/違反報告)
抹茶猫(プロフ) - 璘さん» 返信遅れてすみません(--;)リクエスト作品については凄い遅くなる可能性があります!日向と冨岡さんは氷柱と烏野1年のやつが終わった後に書きます!遅くなると思いますのですみません、そこは気長?に待ってくれると嬉しい限りですm(_ _)m (10月21日 22時) (レス) id: 94060232ff (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:抹茶猫 | 作成日時:2019年9月14日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。