検索窓
今日:17 hit、昨日:44 hit、合計:2,975 hit

シリーズ最初から読む | 作品のシリーズ [完結]





「あそこの3人、固まると話しかけづらいって言うか眺めておきたくなるっていうか…」

「バラバラだと普通なのに、固まるとオーラやばいよね」

「ねー、なんだろね。こう見ると顔いいよね…」


『今日犬のフン踏んじゃって』

「え、ちゃんと確認しろよ」

「…洗ったよな?」


深刻な顔でしょーもない会話をする3人。
周りはそんな事知る由もなかった。

───

宮です。
久しぶりにパワプロやって、好きが爆発してどうしても書きたくなったので自己満です。

プロ野球ならある程度分かるんですが、高校野球の勝手をほぼ知らないので試合など詳しい内容はあまり書かないと思います。


※ 完全捏造

※ まだ皆が2年、亮さん達もいる時のお話です。

※ 口調など不完全な箇所があるかもしれません。

※ ほぼ御幸、倉持+モブくらいしか出てきません。

※ びーのえる表現有【セッは無いけど少々過激】執筆状態:完結

シリーズの最初から読む
































おもしろ度の評価
  • Currently 9.87/10

点数: 9.9/10 (15 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
29人がお気に入り
設定タグ:ダイヤのA , 御幸 , 倉持
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2022年8月3日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。