占いツクール
検索窓
今日:195 hit、昨日:485 hit、合計:21,108 hit
「あいつ、あの月永レオの妹だろ?」

「兄には才能あんのに、あいつには何もねぇよな!」

「出来損ないの妹とか月永先輩も可哀想だな」

言われ続けた

もう、ずっと、何回も

お兄ちゃんに比べられる事

ここに来ても、それは一緒

嫌だ、辞めたい・・・・・・

ここから消えたい・・・・・


ゆうた「(名前)ー!ほら、いこう!」

だけど、彼が辞めさせてくれない

何回も何回も願っても彼がいる限り辞めれないのだ

何で、君はこんな私のところにいるの


――――――――――――――――――――――――――――――――――――

こんにちは!こんばんは、( ◜ω◝ )

藍姫です!

んと、はい、あんスタのちょっとした小説です!

溜まっていますが、なんか書きたくなってしまいました!

頑張りたいと思います!

よろしくお願いします!

誹謗中傷コメントや悪コメ(一緒の意味ですか?アホでごめんなさい)は止めて下さい!

あ、誤字脱字は直します執筆状態:連載中



















おもしろ度の評価
  • Currently 9.89/10

点数: 9.9/10 (55 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
286人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:藍姫 | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/personal.php?t=maruyamarika  
作成日時:2019年11月11日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。