検索窓
今日:863 hit、昨日:6,291 hit、合計:65,029 hit
『お嬢ちゃん、残念だけど、、』

町役場のおじさんが泣きながら私の手を引いた。
あぁ、そうなんだ、もういないんだ。
目の前がぼやけて何も見えなくなった。

『パパ、ママ!!待って、お願い、行かないでっ!!おいていかないでよ!!!!一人にしないで、、、いやだ、こんなの、いやだっっ!!!』

何も見えない世界に一筋の光が差し込む。それがあまりにも眩しくて、私は思わず目を閉じた。

バサッ!

「っ!!!!…なんだ、夢。」

春の始まりに似合わない、頬を刺すように寒かったある年の3月初旬。
ちょうど15年前の今日。たった8歳だった私は、家族を波に奪われた。体育館の片隅で色を失った両親の体はきっと氷のように冷たかったのだと思う。あの後のことはあまり覚えていない。

「最悪な夢だ、、って8時30分?!やばい!遅刻だ!」

私、今ベッドを飛び出した宮野(名前)はこんな最悪な始まりだったこの日、ありきたりな言葉だけど、運命の出会いをするなんて想像もしていなかった。
これはきっと、舞踏会に飛び出したシンデレラみたいに、野獣と歌を歌ったベルみたいに、女の子ならみんなが憧れるおとぎ話。

エンゼルス#17 × ロスの大学院生

の恋物語です!執筆状態:連載中






























おもしろ度の評価
  • Currently 9.98/10

点数: 10.0/10 (123 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
643人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

るう(プロフ) - yanさん» ありがとうございます!一話だけですが更新したので是非! (5月28日 17時) (レス) @page23 id: dfa5704a4e (このIDを非表示/違反報告)
yan(プロフ) - とっても楽しいです。続き楽しみにしてます。 (5月28日 13時) (レス) @page22 id: 1914a25125 (このIDを非表示/違反報告)
るう(プロフ) - miya381117さん» コメントありがとうございます!頑張ります! (5月28日 12時) (レス) id: dfa5704a4e (このIDを非表示/違反報告)
miya381117(プロフ) - ああなんていい話!続きを楽しみに待ってます^ ^ (5月28日 7時) (レス) @page20 id: e8bd8eef5b (このIDを非表示/違反報告)
にき - るうさん» いえいえ、大丈夫ですよ!お気になさらず!執筆を頑張ってください! (5月26日 19時) (レス) id: ea29fe4632 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:るう | 作成日時:2023年5月26日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。