検索窓
今日:135 hit、昨日:237 hit、合計:33,770 hit







『先生がイケメン?そんなの当然でーす席に着いてくださーい。』





『グリムくん寝ちゃダメですよー。ははっ、チョーク投げるのとか1回やってみたかったんですよ。』






『え?先生を訴える?無駄ですよ。
なんせ先生1国の王子サマですからね。』






__________________


⚠︎︎注意⚠


・男主

・監督生あり(男。名前はユウで固定。)

・更新不定期

・誤字脱字(気づいた方コメントで指摘してくださると嬉しいです。)

・コメントでの誹謗中傷はお止め下さい。

・今のところはつけませんが、作者の気が変わればBL表現も入ってくるかもしれないので注意です。

・この作品の評価、コメント、ハートよろしくお願いします!執筆状態:連載中





























おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (94 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
275人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:林檎と珈琲豆 | 作成日時:2022年8月8日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。