占いツクール
検索窓

.


 私には日本という場所で暮らしていた前世の記憶がある。


「婚約破棄、で御座いますか」

 そんな私が巷で噂な婚約破棄の当事者になるなんて誰が考え付くだろう。それにわざわざ沢山の人がみる卒業披露パーティーで言わなくたって……と私は溜め息をついた。


「……すまない、システィーナを愛してしまったんだ」

 溜め息をついた私に何を勘違いしたのか、目を潤ませ情に訴えるかのように話す彼。

 優しい眼差しのはずの腫れぼったい目、色っぽく見えなくもない分厚い唇、富を表す脂肪を着た一回りも二回りも大きな身体。それが我が婚約者の姿だった。

 前世なら醜い、と評されても仕方ないその御姿は今世では絶世の美男子と呼ばれている。


 ────正直、私には服を着た子豚にしか見えなかった。





.


※お名前をお借りしているだけで実在のご本人様、関係者様とは一切関係ありません。
※特殊な世界観です(例:美醜逆転(男のみ))
※更新不定期
※イラストは #M_A_H_M 様

別作
【d!】終末の踊り方。

本作品にはパスワードがかかっています。
パスワードを入力して作品を閲覧して下さい。
パスワードが不明の場合は作者の方にお問い合わせ下さい。
 パスワード:  
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:薬味亭シャブ子 x他1人 | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/hp/tantanmen1/  
作成日時:2019年7月12日 3時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。