占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:20 hit、合計:15,888 hit

シリーズ最初から読む | 作品のシリーズ [連載中]

「(名前)…」





『…どこかで会いましたっけ』


頬をポリポリと掻きながら作り笑いを浮かべる彼


昔と変わらないその顔の作りをした彼は


全てを覚えていなかった





あぁ、また笑っているのか

俺が1番嫌いな顔だ



「頼む…俺を頼ってくれ」


『…なんですか?煉獄先生』



これ彼が死に彼を思い出すまでの遺書である






***

続編です。

現代編となっております


アンチ
指摘
NG

暖かい目でご覧下さい執筆状態:連載中


































おもしろ度の評価
  • Currently 9.70/10

点数: 9.7/10 (27 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
175人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 煉獄杏寿郎
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

テララ(プロフ) - 蓬莱寺さん» ありがとうございます!コメントが私の頑張る糧になります!もう少しお付き合い下さい (1月15日 1時) (レス) id: 6f93d0d76b (このIDを非表示/違反報告)
蓬莱寺(プロフ) - 鬼滅編・現代編と続けて読みました。続き楽しみにしています (1月14日 8時) (レス) id: de353d3df7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:テララ | 作成日時:2021年1月4日 3時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。