占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:114 hit、合計:279,605 hit
女子にいじめられても


敵に襲われても


君が来てくれたことは一度もなかった


それでも、好きだったから


迷惑かけたくなかったから


大丈夫だって、隠してたのに

我慢してたのに


隣にいるその子は誰?


「守ってやるから」

私には一度もかけてくれなかった言葉


笑いあう二人


何かがプツンと切れた



.




.





.



attention

*原作と違うところがあります

*うざいモブが出てきます

*誰落ちかはまだ決めてません


のろま更新ですが、暖かく見守って頂けたら
幸いです(*^^*)

追記

前半はあんまりですが
後半めっちゃ甘くなります

あと、私の作品は基本下書きなしなので
文章がおかしい所があったらすみません!執筆状態:連載中















































おもしろ度の評価
  • Currently 9.92/10

点数: 9.9/10 (246 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
920人がお気に入り
設定キーワード:爆豪勝己 , 轟焦凍 , ヒロアカ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者ホームページ:http://jajaumaaaaaaaaa  作成日時:2018年8月30日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。