検索窓

2001に紅の殺意を - 占い

今日:33 hit、昨日:14 hit、合計:1,748 hit

シリーズ最初から読む | 作品のシリーズ [完結]









キミと手を繋いでここまで来ていたはずなのに。

いつの間にか、気がつかないうちに

キミは僕の手を離していて。

もう届きやしないほど深い闇の奥底に沈んでしまった。

姿が見えないのが不安で

何度も名前を呼んだけれど返事は返ってこなくて。

でも……



















バラが咲いた。

突然。

(あか)いバラが。

それがキミを僕の手の届くところまで引き上げてくれた。






キミを

絶望の淵から救わなくては。














だから今こそ、



その呪い(紅バラ)を解き放て───────────執筆状態:続編あり(完結)

シリーズの最初から読む


設定を行う場合はこちらをクリック



































test

おもしろ度の評価
  • Currently 9.86/10

点数: 9.9/10 (14 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
79人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:胡蝶 | 作成日時:2022年10月18日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。