検索窓
今日:1 hit、昨日:9 hit、合計:12,154 hit
*




「ここで終わるのかな?」


「それはやだな、アタシまだ人生謳歌する予定だから」


「__じゃあ、謳歌するためにどうしたい?」


「アタシは帰りたい、勿論アンタも強制連行ね」


「私も、出来れば皆、最善の形で…」


「なら、アタシも努力する」



神様、聞いておいででしょうか?

どうか、哀れな私の願いをお聞き下さい。

____二人で無事、帰れますように。

あと欲を言うなら、同じ大学に合格できたら幸せです。



*


名前はカタカナ推奨執筆状態:更新停止中


























おもしろ度の評価
  • Currently 9.53/10

点数: 9.5/10 (19 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
20人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:sk | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2019年6月25日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。