検索窓
今日:8 hit、昨日:17 hit、合計:2,340 hit
隣の部屋の住人は

「これ、おすそわけです。どうぞ食べてください」

「あ、おはぎ…え、いいんですか?ありがとうございます。俺、好きなんですよ」

とても優しい人でした


ミライです

描きたいんですけど…なかなか絞れなくて…

掛け持ち作品あるのに…

そっちの方も頑張ります!

けど、これも少しづつでもいいから書きたい!

不死川兄弟との日常を書いていきます!

久々にリクエストを受け付けます(来ればの話)


気まぐれ更新
口調なんでもあり
パクってません執筆状態:連載中






























おもしろ度の評価
  • Currently 9.80/10

点数: 9.8/10 (10 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
14人がお気に入り
設定タグ:鬼滅の刃
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ミライ(プロフ) - 鯛焼きちゃんさん» ありがとうございます!そう言ってただけで嬉しいです! (10月28日 16時) (レス) id: ea2ac79fdf (このIDを非表示/違反報告)
鯛焼きちゃん - コメント失礼します。程よいスピード感あって、この作品本当に大好きです!更新頑張って下さい!応援してます! (10月28日 16時) (レス) @page16 id: 3ef60188c1 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ミライ | 作成日時:2022年10月21日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。