検索窓
今日:5 hit、昨日:15 hit、合計:10,603 hit

 
 
 
 
 
 
4年に1度だけ、過ごすことの出来る1日がある。




2月29日。




その日は、幸せをうんだ日でもあり、




その幸せが一瞬にしてなくなってしまう日でもあった。







main 松村北斗



  sub 京本大我









※ご本人様とは何の関係もございません。執筆状態:連載中










































おもしろ度の評価
  • Currently 9.91/10

点数: 9.9/10 (33 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
167人がお気に入り
設定タグ:松村北斗 , 京本大我   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

カエデ(プロフ) - momoさん» momoさんコメントありがとうございます!🍑💬うっすら過去を匂わせてたのですが、気づいて下さって嬉しいです!続きも是非呼んでくださったら幸いです。 (1月8日 13時) (レス) id: 7b38305e18 (このIDを非表示/違反報告)
momo(プロフ) - マネさん目線でお話が書かれて、うるうどし の意味がわかると切なくて泣きそうになりました、。読み合わせで北斗が息が詰まった理由が想像よりも重たくて甘い思い出がよみがえるのかと思うと切なすぎました、。 (1月8日 7時) (レス) @page33 id: 7c710f6426 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:カエデ | 作成日時:2023年11月26日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。