占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:22 hit、合計:22,606 hit
小夜を殺したのは僕。

この話は現代でとうらぶをしていた小夜推しの女子中学生が重症の小夜を間違って進軍してしまった。そして、刀剣破壊してしまった。

気がつくと目の前にいたのは検非違使だった。

僕はどうすれば……よかったの?
誰か……教えて……?



皆様、こんにちは?
自傷審神者と申します。

刀剣乱舞には一年ほど前にハマったばかりの未熟者です。
初作品ですが、よければ見てください。
よろしくお願い致します。






他作品、長期にわたり更新を止めておりましたこと、この場をもって謝罪申し上げます。
誠に申し訳ございませんでした。執筆状態:完結






























おもしろ度の評価
  • Currently 9.32/10

点数: 9.3/10 (22 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
28人がお気に入り
設定キーワード:刀剣乱舞 , 小夜左文字 , トリップ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:自傷審神者 | 作成日時:2018年9月9日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。