検索窓
今日:4 hit、昨日:79 hit、合計:12,824 hit
·








「 氷織くん 」


その声は、生暖かい海に溶けていった









気づいた頃には、ただの泡と化していた


君はもう僕の名前を呼んではくれないんやね





*年齢操作
*共依存執筆状態:完結




















































おもしろ度の評価
  • Currently 9.97/10

点数: 10.0/10 (34 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
93人がお気に入り
設定タグ:ブルーロック , 氷織羊
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

タナタ(プロフ) - 弓月有無%さん» ありがとうございます!A子さんの恋人のどっちも好きでどっちかに決めれない優柔不断な感じとか、そういった作品の雰囲気全体が好きなので、そう言って貰えると嬉しいです! (2月25日 0時) (レス) id: 4118c67c05 (このIDを非表示/違反報告)
弓月有無%(プロフ) - 完結おめでとう御座います!!後書きの漫画私も読んでて本当に元にされてて凄く嬉しかったです!身投げendも少し気になります.オチも人物もストーリーに合っていて、物語としても迚も面白く楽しかったです!!又再読してきます。是からもずっと応援しております!! (2月24日 10時) (レス) @page50 id: 1ab55170b6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:沈みゆく佐藤。 | 作成日時:2023年11月27日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。