検索窓
今日:12 hit、昨日:20 hit、合計:27,463 hit
「ねえ、先輩。俺のオメガでしょ?」


オメガなんて嫌いだったはずなのに、運命の番なんてありえないと思っていたのに、

あの日、学校で貴方と出会った時から俺の人生は変わってしまった。

先輩、俺はもう、貴方を求めずには居られない__


- - - - - - - - - - - - - - - - -

高校2年 山田 涼介(α)
×
高校3年 伊野尾 慧(Ω)


※ この話はフィクションです。
※ オメガバース、BLの表現が含まれますので、苦手な方はUターンお願いします
※ メンバー全員登場の予定。高木さんの漢字は「高」の方で表記します。
※ 確認で読み返した際に改善したい部分があった時、後から修正することがありますがご了承ください。執筆状態:連載中

































おもしろ度の評価
  • Currently 9.95/10

点数: 10.0/10 (131 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
298人がお気に入り
設定タグ:伊野尾慧 , 山田涼介 , Hey!Say!JUMP   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2023年3月1日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。