検索窓
今日:1 hit、昨日:31 hit、合計:6,715 hit
「やぁマスター、また来ちゃった。相変わらず客いないねぇ、ここ」






いつからかアジトのバーに来るようになった死んだ魚の目をした女。




あいつが一杯のカクテルを飲んで帰る、その間だけ。






「お、なんだ。死柄木くん居たんじゃん。こっち来て話し相手になってよ」






その時間だけは不思議と気が緩むんだ。



───────────────────────
─────────────
──────



初めまして、桜もちです。
今更ながらヒロアカハマってしまいました。

処女作ではありますがよろしくお願いします。




attention

・誤字脱字ありましたら教えていただけると助かります。
・気ままに更新
・パクリ等はしておりません。似たような作品がありましたら申し付けください。執筆状態:連載中




















おもしろ度の評価
  • Currently 9.96/10

点数: 10.0/10 (56 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
115人がお気に入り
設定タグ:僕のヒーローアカデミア , ヒロアカ , 死柄木弔   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

11才のバカ - これは追うしかないっしょ!おもろ〜!好みドストライク。桜もちさに更新ガンバってください!ひそかに見学! (5月9日 0時) (レス) @page17 id: 470dc29d1f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:桜もち | 作成日時:2023年3月30日 7時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。