占いツクール
検索窓
今日:2,442 hit、昨日:11,666 hit、合計:88,979 hit




誰にだって


人に見られたくない場面、というものがある


それを見られてしまった時、


どうやら奇妙な歯車が
回り始めることはよくあるらしい




すでに冷めてしまったミルクラテと
手のつけられることのなかったラズベリームース

それから、______



「変なところを見られちゃったな」

「じゃあ俺も変なこと言ってもいい?」


「また、きみとお話したい」



main:宮近海斗




執筆状態:完結

苗字、あだ名の設定が可能 (設定する)未設定









































おもしろ度の評価
  • Currently 9.93/10

点数: 9.9/10 (171 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
528人がお気に入り
設定キーワード:TravisJapan , 宮近海斗   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぷらむ | 作成日時:2021年1月12日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。