検索窓
今日:10 hit、昨日:0 hit、合計:8,370 hit
“幼馴染み”という言葉が



私の恋愛を邪魔する



“幼馴染み羨ましい”とか言われるけど




“幼馴染み”だからこそ距離が変わらないから




恋愛の進め方もわからない



気づいたら好きだった



でもそれを伝えるということは



“幼馴染み”じゃなくなってしまうかもしれない



そんなリスクがある



怖くて




臆病者の私は




今日も



君に伝えられない執筆状態:完結
















おもしろ度の評価
  • Currently 8.40/10

点数: 8.4/10 (25 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
30人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

愛姫(プロフ) - 巴さん» ありがとうございます!仕事があるので、更新遅くなったりしますがこれからもこの作品をよろしくお願いします! (2020年5月4日 23時) (レス) id: 4f1d8b2671 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 楽しみに待ってました!続きめっちゃ楽しみです! (2020年5月4日 17時) (レス) id: 3c345c36dc (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:愛姫 | 作成日時:2020年3月30日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。