占いツクール
検索窓
今日:47 hit、昨日:115 hit、合計:2,571 hit
彼は彼女に問うた。

「何故、目を開けないのです?」
と。
彼女は告げた、
「...貴方は、私の目を見ても生きて居られますか?」

月夜の晩に照らされた少女の瞳は、息を呑む程──美しかった──執筆状態:連載中















おもしろ度の評価
  • Currently 9.31/10

点数: 9.3/10 (16 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
15人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:猫袮 | 作成日時:2018年7月17日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。