占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:1 hit、合計:7,999 hit
「死ねェ!太宰ィ!!」


男が私に迫って来る。短刀(ナイフ)を持って。私は避けることをしなかった。何故なら、あの短刀(ナイフ)は綺麗に私の心臓目掛けて迫ってきているからだ。

あれが綺麗に刺されば死ねる。死にたがりの私にとっては嬉しいことだらけだ。だから避けない、避ける心算は無い。

其れに彼は私を殺したい理由が有る。私は償いとして彼の短刀(ナイフ)を避けることは出来ない。


短刀(ナイフ)は綺麗に太宰の心臓に刺さった――――。


()執筆状態:連載中





















おもしろ度の評価
  • Currently 9.95/10

点数: 9.9/10 (37 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
61人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

光希(プロフ) - とても面白かったです。更新楽しみにしています!! (7月13日 22時) (レス) id: cfe2cc8d41 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:フ瑠ラン | 作者ホームページ:http:/  
作成日時:2019年2月16日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。