検索窓
今日:3 hit、昨日:25 hit、合計:13,002 hit

作品のシリーズ一覧 [完結]

| CSS


『キミちゃん!ご飯行こ!』


横「その呼び方やめろって」


『なんなん、今さら。幼馴染みたいなもんやねんから、ええやんな?』


渋「そうやぞ、ヨコ。俺なんか一時期、渋谷さん言うて呼ばれてたんやから」


『その点、信ちゃんは呼びやすくてええわ』


村「まぁ呼び方くらい好きにさしたりぃな」


『そうやで。普段から散々、あれこれ我慢させてんねんから。な、隆ちゃん』


丸「僕?なんか我慢させてる?」


『足閉じろーとか、うるさいやん。章ちゃんくらいやで。何も言わんの』


安「自由にしてるんが一番やからね」


『お亮もお亮で、お亮言うなって怒ってくるし』


錦「言うてる尻から使ってるやん!」


『大倉は………いや、大倉はあんま喋らへんから別にええわ』


倉「いや急に距離感!!!!!!」



​───────​───────​───────


エイトさんに紅一点がいるノンリアル


ご本人様方とはなんの関係もございません


何でも許せる方のみご覧ください


時系列バラバラ


書きたいものだけ


※ 嵐の紅一点の前作をお読みいただくと分かりやすいかもしれません




藻くずちゃん
(Twitter: mokuzu_216)執筆状態:続編あり(完結)




















































おもしろ度の評価
  • Currently 9.48/10

点数: 9.5/10 (23 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
56人がお気に入り
設定タグ:関ジャニ∞ , 紅一点
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:藻くずちゃん | 作成日時:2022年8月3日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。