占いツクール
検索窓
今日:19 hit、昨日:5 hit、合計:12,619 hit
銀さん「俺にはな、お前が必要なんだよ。だからよォ、この世界からお前が居なくなっちまったら困る」

土方「辛い思いしてんのに、責任感強すぎなんだよ。そこまで元気なふりも、頑張らなくても良いんだぜ?泣きたい時は俺の胸を貸してやるからよォ」

沖田「俺ァ、アンタの事を必要としていやすぜィ。泣きてェ時はいくらでも抱きしめて傍にいてやりますから、消えたいなんて言わねェでくだせェよ……」

終「(私の大好きなそのままの君を好きでいて欲しんだZ。でも君の辛そうな涙は見たく無いんだZ。今はこのまま抱きしめているからスッキリしたら笑顔を見せて欲しいんだZ)」

神威「大丈夫だよ。誰も君を責めてたりなんてしないよ。君が頑張って来たことは俺は知っているから。だから…、たまには俺を頼ってよ?君を一人には絶対にさせないから」

高杉「お前さんにも辛い事があるんじゃねぇのか?たったらよォ、俺が傍に居ててやるから……。お前さんが一人で抱え込んでいる姿なんざ見たくねぇよ……」

桂「今まで誰かの為に、周りの為に一生懸命頑張って来たのだからたまには自分を甘やかしてみてはどうだ?ほら……、沢山甘えてもいいんだぞ?」執筆状態:完結


















おもしろ度の評価
  • Currently 9.48/10

点数: 9.5/10 (21 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
55人がお気に入り
設定キーワード:銀魂 , 夜兎 , 恋愛   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

この作品にコメントを書くにはログインが必要です   ログイン
感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:未来 | 作成日時:2020年2月5日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。