占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:30 hit、合計:4,284 hit
幼いころ、家に美しく輝く宝石があった。



その宝石が大好きで、大好きで、私は両親に頼んで毎日触れたり、眺めたりしていた。



いつの日か、それをしなくなった。





思い出せない遠い遠い昔の自分が泣きじゃくっていたことだけ思い出せる。









_______________________________________________________

凛月くんお誕生日おめでとう!
全然夢小説じゃないないですけど、私的にはかけて満足です!

※knightsの怪盗パロ
※あんまり怪盗でもない
※焦って書いたので内容がひどい。書き直したらナノにあげます。
※呼び方が違う!というのがあれば教えてください。訂正はしたんですけどなおってない箇所が在る可能性があります。
※いみわかんねぇとなった方は、ナノにて、書き直しをあげる予定ですのでそれまでお待ちいただけるとありがたいです。執筆状態:完結
















おもしろ度の評価
  • Currently 9.65/10

点数: 9.7/10 (26 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
20人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Knights を護る騎士でいたかった - とっても面白かったです!次回作も期待してます! (9月23日 11時) (レス) id: 7e00625b4b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:つららっちょ | 作成日時:2017年9月23日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。