検索窓
今日:7 hit、昨日:38 hit、合計:11,669 hit
2年前とある家のインターホンを青年が鳴らすその隣には小さい女の子が立っている

ドガドガと足音が近付き重たいドアが開く
中から出てきたのは青髪に白〜水色のメッシュを入れ、筋骨隆々とした体型をしている少年だった

「…どちらさんで」

「初めまして柴さん今日隣に引越してきた椛と言います
隣に居るのが俺の妹です」

「初めましてこれからよろしくお願いします」ニコッ

「…」

少年は女の子をじぃっと見つめたまま動かない
青年は不思議に思いいつつ

「俺は仕事とかでほぼ家に居ないのでたまにこいつをかまってくれると嬉しいです…では失礼します」

2人は頭を下げ隣の家に入って行った

少年は少し見送り家の中へと消えた


……………………………………………

⚠このお話は主人公関係は一緒ですが歌舞伎町の死神は隻眼歌舞伎町の女帝に恋をしたらしい〖半間修二〗のシリーズではありません

自己満なので不快になる方もいると思いますそれでも良ければ読んで欲しいです執筆状態:完結

設定を行う場合はこちらをクリック





















test
test
test
test

おもしろ度の評価
  • Currently 9.66/10

点数: 9.7/10 (35 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
139人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

-  ステキな作品を書いてくれてありがとうございます (4月8日 21時) (レス) @page19 id: e97eef8072 (このIDを非表示/違反報告)
Vrjmパピー(>ᴗ<)! - 最高です(´;ω;`)神作品をありがとうございます!!!!!! (3月31日 0時) (レス) @page19 id: f86f2525a3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:たぬき | 作成日時:2023年2月18日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。