検索窓
今日:1 hit、昨日:19 hit、合計:19,676 hit

シリーズ最初から読む | 作品のシリーズ [完結]






『さて、ここで問題です。体重が増えた私に取るべき行動は何でしょうか!?』



大「とりあえず頬っぺた触らしてもらう」



『昔から好きだよね(笑) 』



櫻「慰める?」



『それは煽ってるじゃん』



相「太っても可愛いよって言ってあげる!」



『言ってあげる(・・・)ってのが気になるなぁ』



二「もっと肥えさせる」



『人を家畜みたいに言わないでくれます?』



松「一緒にジム三昧の生活送る」



『さすが潤くん、大正解!』



───────​───────​───────


気象さんに紅一点がいるノンリアル


ご本人様方とはなんの関係もございません


何でも許せる方のみご覧ください


時系列バラバラ


書きたいものだけ


前作はコチラから

http://uranai.nosv.org/u.php/novel/niharunoas7/




藻くずちゃん
(Twitter: mokuzu_216)執筆状態:完結

シリーズの最初から読む






























おもしろ度の評価
  • Currently 9.95/10

点数: 9.9/10 (38 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
198人がお気に入り
設定タグ: , 紅一点
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:藻くずちゃん | 作成日時:2021年12月30日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。