検索窓
今日:9 hit、昨日:6 hit、合計:8,563 hit




毎朝授業の前にカフェに寄るのが日課だった。
コーヒーの飲めない私に気遣って
こっそりミルクティーを出してくれる優しい店員さん。


客と店員、それだけの関係だけど
なんだかそれが心地よかった。



話さなくてもいい、



お気に入りのカフェの店員のあなたと。





ジャンハオ ソンハンビン メイン
その他メンバー 友情出演

※ 名前をお借りしています
※ ご本人様とは関係ございません
※韓国人設定
※年齢詐称有り、、


ぜひお楽しみ頂けたら嬉しいです。執筆状態:更新停止中









おもしろ度の評価
  • Currently 9.98/10

点数: 10.0/10 (47 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
297人がお気に入り
設定タグ:zerobaseone , ゼベワン , zb1
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ミイ | 作成日時:2023年7月16日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。