検索窓
今日:40 hit、昨日:20 hit、合計:9,013 hit
「さよなら」


今話題の暗殺者は、300フィート先の相手に別れの言葉を呟き、引き金を引いた。

これでスコープで狙った相手は死ぬ。そう思ったが、撃った後を見ると何も残っていない。遺体すらも。


「……ッ?!」


どういう事だと理解するよりも先に、その背後に獲物が彼女の背後を奪った。


「……チッ、クソが」


┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

※start 2023/09/11

※goal 2023/10/21

〜ようこそ花色文庫へ、
  読み終わったら右のボタンを推してあそばせ〜執筆状態:完結

設定を行う場合はこちらをクリック


































test

おもしろ度の評価
  • Currently 9.96/10

点数: 10.0/10 (45 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
81人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

まつの ちゃん、(プロフ) - あのね? まだ読めてないから 全部読んでから 感想めちゃ書くわ (10月21日 23時) (レス) @page1 id: 1cd20aa8bc (このIDを非表示/違反報告)
こひなた(プロフ) - マフィア…?! (9月16日 17時) (レス) id: 46c0e3a875 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:gipsofila | 作者ホームページ:http://https://www.pixiv.net/users/72619699  
作成日時:2023年9月11日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。