検索窓
今日:8 hit、昨日:18 hit、合計:5,862 hit
『は!?お頭!私が忍術学園に編入!?』

「あぁ、(名前)には海賊の事だけではなく体術、防御力の方にも
目を向けて欲しくてな」

『冗談じゃありませんよ!私は海賊ですよ!?』

「それは当然。だが、お前のことを思ってのことだ」

『はぁい…』


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


どうも!朝霧です!

駄作ですが、見て行ってください!よろしくお願いします!

■落ちは山田利吉さんです♡執筆状態:連載中

設定を行う場合はこちらをクリック













test

おもしろ度の評価
  • Currently 9.83/10

点数: 9.8/10 (23 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
37人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:朝霧 | 作成日時:2022年3月21日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。