占いツクール
検索窓
今日:8 hit、昨日:55 hit、合計:2,159 hit
「………なんで」


私は呆然としていた。未だかつてないほどの驚愕だった。

寝起きでぼんやりしながらニュースを確認するシルクさんと一緒に、私はニュースを見ていた。

問題なのはその内容。


「……くどー、しんいち。」


東の天才高校生探偵。

転生の次は、クロスオーバーか何かなのか?

それとも、私が転生したこの世界は、元々そういう世界だったのか?


「…?(あだ名)、どうかした?」

「……んん、なんもないよ?」


シルクさんは当たり前のようにその映像を受け入れていた。

シルクさんにとって工藤新一は、漫画の主人公じゃないんだ。執筆状態:連載中

苗字、あだ名の設定が可能 (設定する)未設定










おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (8 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
14人がお気に入り

IMELOG IMELOGの「名探偵コナン」関連 : 投稿する

違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

チャント(プロフ) - ふさん» 笑笑 (11月10日 16時) (レス) id: bd1474991a (このIDを非表示/違反報告)
- 笑 (11月7日 11時) (レス) id: d95af1f9f8 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:チャント | 作者ホームページ:http:/  
作成日時:2019年9月20日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。