検索窓

人知を超えたチカラを持つ【女帝】
彼女を守りその力を覚醒させるのが私の務め

また昨日も何処かで人が苦しみ

今日もまた何処かで人が死んだ。

今も何処かでまた戦争が起きている

そんな世界をまた誰かが

“平和”と語りました

誰か1人が死んだって明日も世界は回ってる

悪には悪の道理があるから

話せばわかる?理想論でしかないね

夢物語であるとだけは言っておこう

少なくとも私たちが見てきた世界ではそうだったね


『んじゃあ、見回り行ってくるわ
その間女帝様のこと頼んだかんな』

cn「そんな言われなくても!」

『ほんとに頼んだからな?』

ut「おい、グダグダしてないでいくぞ」

sypcn「「はーい」」

ut「『我々には時間が無い』」

『分かってるよ』


__
界隈が荒れているということでパスワードを掛けさせていただきます

本作品にはパスワードがかかっています。
パスワードを入力して作品を閲覧して下さい。
パスワードが不明の場合は作者の方にお問い合わせ下さい。
 パスワード:  
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:レイ | 作者ホームページ:無いです  
作成日時:2022年12月27日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。