占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:11 hit、合計:3,749 hit
俺は、自分の身が一番可愛いと思っている人間だ。


正直言って、転生した奴が物語に進んで干渉していく意味がわからない。


そんなの無駄死にするだけじゃないか。


転生の特典なんて、誰しもが貰えるはずなどないのに。






__へ、へぇ……君はそういう人間なのか







__よォーく、よォーく分かったよ







__そんな捻くれた君にはこれをあげるよ








__その性格が治ることを、期待してるからね









注意____

【これは、捻くれ者が全力で猫を被るハートフルストーリーである】









______________________
此方もどうぞ!






【驚くことに】扉を開けたら双黒二人が盛ってた【文スト】執筆状態:連載中

設定を行う場合はこちらをクリック




test

おもしろ度の評価
  • Currently 9.80/10

点数: 9.8/10 (50 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
92人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:風紀いいんちょー | 作成日時:2018年5月20日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。