占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:0 hit、合計:1,431 hit
この冬、彼女は妖怪を題材にした小説を執筆しようと決めていた。

夜、如何にも幽霊やモノノケが好きそうな。否、いそうな駅の廃墟に足を伸ばすと────?


「偽汽車、発進いたします」

「ほらお嬢ちゃん。妖怪見たいんだろ? 早く乗んなよ」


猫とカラスに手を引かれて、彼女はたくさんの妖怪に出逢っていく。

これは、文学少女の、冬の物語り。


【注意】
・万が一似たような作品がありましたら、申し訳ございません。
・慣れないオリジナル作品ですので、至らぬ所も多々あると思います。
・短編風に進めれたらと考えています。

・実在の妖怪とは、多少設定が違うことがあります。

【11/25】
最高4位!ありがとうございます!!
我が家の妖怪たちも喜ぶようです!

【11/29】
某掲示板様にて、拙作のアドバイスが頂きたく書き込みを致しました。
ですがガラケーだからでしょうか。大変酷い文字化けが生じてしまいました。

私の無知からご迷惑をお掛けしました。そして、わざわざ拙作閲覧くださりありがとうございます。この場をお借りしてお礼を言わせてください。執筆状態:連載中










おもしろ度の評価
  • Currently 9.53/10

点数: 9.5/10 (19 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
14人がお気に入り
設定キーワード:妖怪 , オリジナル   
作品ジャンル:ファンタジー, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

かぁびぃ(駄作者)(プロフ) - 森田菜々子さん» ありがとうございます!オリジナル作品がランキング入りしたのは初めてですので凄く嬉しかったです!\(^o^)/ (11月26日 1時) (携帯から) (レス) id: 87e86307e6 (このIDを非表示/違反報告)
森田菜々子 - かぁびぃさん、ランキング最高4位おめでとうございます! (11月25日 20時) (レス) id: 52dd8ac394 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:かぁびぃ(駄作者) | 作成日時:2017年11月24日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。