占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:4 hit、合計:2,292 hit

シリーズ最初から読む | 作品のシリーズ [連載中]

「…吹雪の隣に、あたしは必要なのかな」

「僕じゃだめなんだ_強くなきゃ、あの子を…!」


少しずつ、関係は崩れていく。
ゆっくり、それでいて確実に。

ただのすれ違いですら、あたしにとってこんなに重くて辛いものだったなんて_知りたくなかったのに。

強くなる為に。
側にいる為に。

ただそれだけの、純粋な願いだったはずなのに_…。


_あたしの世界は少しずつ、綻んでいく。




お久しぶりです、天乃夕陽です。
前回の更新はいつでしたか、二週間前?
いやほんとごめんなさい、件の臨時休校関係でいろいろあったり熱出たりしてて…あ、ただの風邪ですよ。

まあそんなこんなでお待たせ致しました、大阪編です。
リアタイで見てて一番辛かったですほんと。
沖縄編もだいぶ辛かったですけどね!



あ、設定書いた紙は見つかりませんでしたごめんなさい。なので大体思いつきで書いてます。
頑張って探してるんですけどね…どこにいったんだろう…。


追記*なんだかんだ一、二ヶ月お待たせしている状態です。申し訳ありません。
完結させる気もありますし私も元気ですので、どうか今暫く待っていただけると幸いです。
ご迷惑をおかけしてすいません。

5/26 天乃夕陽執筆状態:連載中






おもしろ度の評価
  • Currently 9.31/10

点数: 9.3/10 (16 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
86人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:天乃夕陽 | 作成日時:2020年3月2日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。