占いツクール
検索窓
今日:105 hit、昨日:753 hit、合計:270,363 hit

シリーズ最初から読む | 作品のシリーズ [連載中]




あの日の光景を思い出す。


翔太「ねえ、ラウってさ、なんでいきなり母さんのところについて行ったんだと思う?」


辰哉「確かに・・・。それは俺も不思議に思ってた。」



違和感はやがて大きな真実へと繋がる。





  ・・・ ラウール × 家族 ・・・



たくさんの評価とお気に入りありがとうございました。第二章の続きになります。引き続き、よろしくお願いいたします。


・兄弟の順番、若干変わってます。

・少し暗い描写入ります。ご承知おきください。


―――――――――――


Snow Man 家族 ラウール 虐待 悲系 精神


―――――――――――執筆状態:続編あり(連載中)





































おもしろ度の評価
  • Currently 9.95/10

点数: 9.9/10 (277 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1775人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , ラウール , 家族
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆり | 作成日時:2021年1月4日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。