検索窓
今日:23 hit、昨日:9 hit、合計:8,536 hit
 
 
 
 
 
 
「えっ、アッ……えっと」


『“お誘いは嬉しいんだけど、これから寮長に用があるんだ。ごめんね。“だそうです』


「う、うん。合ってる…」


「え、お前何者?????」






ーーーーー



⚠ATTENTION⚠


・イグニハイドに口下手さんが沢山いる前提で話を進めております!!!

・恋愛要素なんてものはない

・見切り発車、すぐ消す可能性あり

・男主

・監督生(男の子)他にいる

・不定期更新

・誤字脱字、その他諸々の不手際がございましたら気軽にお申し付けください。



あ、無理。と思ったら即座にブラウザバックを!!!

 
 
 
 執筆状態:更新停止中







おもしろ度の評価
  • Currently 9.97/10

点数: 10.0/10 (71 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
210人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:青天の霹靂 | 作成日時:2023年11月18日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。