占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:6 hit、合計:7,691 hit
.





僕は小さい頃から、隣の家に住んでる幼馴染みが好きだった。





『るぅちゃん!』



花の咲くような笑顔で呼ばれる自分の名前が好きだった。

友達よりも僕を優先してくれる君が好きだった。

何よりも誰よりも僕を優先してくれる君が。

誰より僕を大切にしてくれる君が。

大好きだったんだ。




だけど、愛しく思うほどに素直になれなくて。







「邪魔。僕の視界に入らないでって言ってんじゃん」




「そういうの、嫌い」




「こんな奴好きじゃない!」







こんな酷い言葉ばかりを繰り返しているうちに

君はどんどん僕から離れて行ってしまって


ねえ、嫌いなんて嘘だよ。

本当は言葉じゃ形容しきれないくらい大好きなんだ。




だからお願い

こんな馬鹿な僕の隣に、戻ってきてくれませんか。








__________


お久しぶりです!!

新作です。

よければ読んでいってください〜〜〜!!!






目 標 は 莉 犬 く ん カ ラ ー の お 星 様 ________



.執筆状態:連載中








おもしろ度の評価
  • Currently 9.85/10

点数: 9.8/10 (65 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
152人がお気に入り
設定キーワード:すとぷり , るぅと , ころん
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:壊れかけのゆきだるま*° | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/  
作成日時:2019年5月20日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。