占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:4,782 hit
昔、昔の、そのまた昔。




とある国の、小さなお城に一匹の野獣が住んでおりました。




その野獣は畑を荒らし、田畑から作物を盗み、更には町民たちを拐っておりましたそうな。




その国の王様はこの事態を終息しようと立ち上がり、その手に武器を持ちました。




しかし事態を終息させるどころか、その小さなお城にさえ辿り着けなかったのです。




そしてその日を境に、王様は毒を盛られたかのように亡くなってしまいまして。




このことから、瞬く間に町民たちの間でこんな噂が広がりました。





『絶対に辿り着けない、野獣の古城』




『野獣の息は、猛毒の息』





噂は国中に広がり、人々は外に出ることさえも拒むようになりました。





『絶対に辿り着けない、野獣の古城』




『野獣の息は、猛毒の息』





〜〜〜

皆さん、こんにちは。


杏仁豆腐です。


久し振りの執筆...今回はオリジナルに挑戦してみようと思います。


(訳:うちの子達が可愛いので見てやってください)


完全にオリジナル&自己満足作品ですので、ワケわからんというところがありましたら教えてくだされ(*´・ω・)




ブランクヤベェ...ボソッ執筆状態:更新停止中










おもしろ度の評価
  • Currently 9.69/10

点数: 9.7/10 (16 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
31人がお気に入り
設定キーワード:オリジナル , BL , ファンタジー   
作品ジャンル:ファンタジー, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Carlo(プロフ) - コメント失礼します、この作品とても好きです。一気に5話まで読んでしまいました!更新頑張ってください (1月15日 22時) (レス) id: ba25b1f9ca (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:杏仁豆腐@有休なう x他1人 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2018年1月14日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。