検索窓
今日:13 hit、昨日:37 hit、合計:12,797 hit
どこまでも赤く燃ゆる炎の向こう側、



儚く無残にも散りゆくあなたたちを



私は呆然と見ていることしかできなかった。



なによりも大切だった私のかみさま。



だれよりも愛していた私の家族。



今再び(うつつ)にて繋がれた想いと共に、



輪廻を超え結ばれた(えにし)を手繰り寄せて、



















ねぇ、今度こそ、



ーーーーーーーーーーー

▼注意

一部の刀剣男子のみ登場。
ヒロアカメイン。
捏造多。執筆状態:更新停止中












おもしろ度の評価
  • Currently 9.96/10

点数: 10.0/10 (53 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
298人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

百華夜 - 神作品の予感が…!更新頑張って下さい、応援してます。 (11月29日 21時) (レス) @page9 id: a48955bec9 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:くつした | 作成日時:2022年11月7日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。