占いツクール
検索窓
今日:31 hit、昨日:60 hit、合計:1,524 hit




晴天続きのとある日。
普段と同じで平和に一日が終わる
そう、誰もが思っていた

とある場所では談笑を
また違う場所では楽しそうに遊ぶ子供たち
そして、壁の外…調査兵団…の話をする3人。

綺麗な夕日が見える時間帯
一筋の強い光が、壁の方へと落ちていった。


「なんだあれ…」

「壁が…」


__地獄。

そんな世界でも目標を持って戦い続けた一人の男がいた。


─────
────

こんにちは。
進撃の巨人2を先日全クリしてきました
最推しと仲良くなり、信頼されて、最後あれですか。
最高に泣けました
オムライスあげて良かったです。
語ると長くなりますね…失礼しました。



※ 話し方など、違ったりするかもしれません。

※ どこで誰が、と矛盾が出てくるかもしれません。しっかり確認して投稿しますが、違ってたら優しく教えてください。

※ アニメ最新のネタバレは一切ありません。ただ、まだ子供の頃は本編に沿っている部分があります

※ 完全捏造

名前はカタカナの方が合うと思います執筆状態:連載中








おもしろ度の評価
  • Currently 6.85/10

点数: 6.9/10 (20 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
28人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:何某 | 作成日時:2021年4月15日 7時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。