検索窓
今日:2 hit、昨日:22 hit、合計:3,076 hit
鷹の声が聞こえる


格子の着いた開けにくい窓に器用に降り立った鷹の足にくくられている一通の手紙を彼女は手馴れたように取り、そして広げた






見慣れた美しい筆跡が目に飛び込む





彼女はまるで宝石を愛でるかのように静かにその文字を目で追い始めた



「拝啓、親愛なる.....






ーーーーーー

こんにちは、らっかです

先に謝っておきますすみません
完結してないのにまた手を出してしまってすみません
新衣装が来てしまったので、過去編を書かざるおえませんでした


以下の注意をよくお読みになった上で、問題ない方だけどうぞ




⚠︎︎この物語は本編と全く関係ありません。
捏造、妄想なんでもありです、少しでも地雷のある方はご注意ください
また原神バージョン2.8のネタバレを含みます

ディルックオチになっています

コメント高評価いただけると嬉しいです、いつも見ていただいてありがとうございます



以上がよろしい方だけ、どうぞお楽しみください







その果まで【鍾離】
http://uranai.nosv.org/u.php/novel/a6c2eb42e24/

長女の願い【原神】
http://uranai.nosv.org/u.php/novel/a6c2eb42e25/執筆状態:連載中









おもしろ度の評価
  • Currently 9.42/10

点数: 9.4/10 (19 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
57人がお気に入り
設定タグ:原神 , ディルック
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:らっか | 作成日時:2022年7月3日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。