占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:4 hit、合計:3,510 hit

シリーズ最初から読む | 作品のシリーズ [連載中]

いつも、いない彼。


そっちは僕たちのことをすべて知っているくせに、僕たちは彼のことを何も知らなかった。


彼に光がなくなり始めたのは、いつだったのだろう。


光が失われたのは、いつだったのだろう。


僕らを助けてくれた彼を、今度は僕らが助ける番だ。


ーーーそのためなら、全てを捨ててやる。


ーーー

カフェ・ジャンプ 最終章。

ーーー執筆状態:連載中








おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (23 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
380人がお気に入り
設定キーワード:Hey!Say!JUMP , やま , カフェ・ジャンプ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:暁月 空 | 作成日時:2016年9月10日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。